思考で宇宙を包みたい

デザインと写真とテクノロジーと生活。

夏休み

久しぶりに学校へ来た。交通機関の時間の感覚があいまいになってしまった。高速バスから窓の外を見ると、奥羽山脈の山々はまだ夏と変わらぬ緑だった。しぶとい夏め。

夏休みや冬休みといった長期休暇に入ると、家に篭もる癖があります。中学校も高校も、そうだった。受験の年でも、不思議な事に勉強した記憶がないのです。センター試験までひと月を切った冬に、高校の図書館で小説を読んでいたのには我ながら呆れます。小学校の記憶は定かでないので書けません。大学に進学した最初の夏休みはというと、何をしていたのか、と思います。その期間に残した功績を思い出そうにも、ないのだから仕方がない。意義がなかった。怠惰でありました。

2016年4月、私は2年生になりました。専攻は私のやりたいことと少しばかりずれているので、自分でやるしかないと思ったが、なにしろ忙しいのである。このままではあの人になれないとか、この人になれないとか思って、夏休みに入り次第、作業を開始した。

人間、できることしか出来ないので、まず、今できる範囲でデザインをしてみようと思った。常日頃、地下鉄やバスでの通学中に、素敵なデザインを見つけてはピンし続けたピンタレストがある。お手本には困らない。しかし、ここで問題。どうやら私は好きなもの、好きな作風が多すぎるようなのです。そこでまず、好きなデザイナーの一人、服部一成さんの作品集を買った。

こうして始まった夏休みもあと少し。50以上の制作物を一応は作り、私は前へ進んだのであります。

今日の一言:

アーモンドはマカダミアナッツに負けない美味しさ。